fc2ブログ

AO.あおきや

土曜日に、念願の♪

AO.あおきやさんへ いって参りました(^o^)

焼肉の あおきさんへは何度も♪
ミックス焼きを買いに行っていたのですが!! ( 美味 )

今回は、錦鯉のハウスの場所が分からないので 一度 焼肉屋さんの方へ訪問(-_-;)

そこで ハウスの場所を教えて頂き♪
出発 Goです (^o^)/

ハウス内を見学

水槽で飼育中である事を伝えたら
二歳でも小さい錦鯉の入っている池へ案内されました♪

鯉談義を交えながら(^o^)

網を入れてもらい♪

そこから 選別までしてもらいました!!


やっぱり、生産元に行くと!!

良い錦鯉に会えます♪

養鯉場 養魚場

楽しい一時を過ごせます(>_<)

今になって 錦鯉の産地が直ぐ近くで良かったと思います♪

今回の訪問で 七本の錦鯉を撰びました。
スポンサーサイト



我が家の錦鯉

我が家の飼育環境

錦鯉は、なるべく大きくさせたくないので60cm水槽にて 飼育中



今年から、外のコンクリート池で越冬出来るのかチャレンジしてみようと 5匹を投入 この5匹には、大きくなってもらいたいため池へ。



去年までの池では、透明な水の状態で飼育していたのだが 今年から グリーンウォーターで試してみる事にしました。

玉サバ 福ダルマ 錦鯉の混泳ですが!!
体型からは想像出来ないですが、玉サバ 福ダルマの本気になった時の泳力は 錦鯉に餌取りで負けてない 見ていて面白いです。

錦鯉との出会い

錦鯉に興味を持ったのは おもいだしたくもない!! リーマンショックの春頃に『水槽で飼育出来る錦鯉』と書かれた情報誌を見たのがきっかけです。
そのお店が近いというのもあり、何とか嫁さんを説得して誘いだしたのを忘れません

二人の 錦鯉に対するイメージは、富裕層の先輩方が池に餌を蒔いて それを鯉が食べるのを ニコニコしながら眺めてる と言った具合に偏った考え方でした。

そんな既成概念は、初めて訪れたお店で崩壊しました。
自分に合った飼育環境の事 高価なモノだけが錦鯉じゃない事に 気がついたのです!!
どんなに安価でも 、気に入った色や模様の個体が見付かったら それは自分だけのオンリーワンなわけで 泳いでる姿を見つめる楽しみを知る事が出来た。

そんな思いにさせてくれたのは、やはり!! 錦鯉の素晴らしさにつきます
二人が思い描いていた鯉が 実際に目の当たりにした鯉とはイメージが違い過ぎて、錦鯉の産地に住んでいながら 何だかカルチャーショック!!!!

鱗の無い体色の鮮やかなドイツ鯉に魅了され撃沈→購入
今まで目にした事のある生物で、こんなに鮮やかな生物は TVでみるカラフルなカエルぐらいで、実際見た錦鯉は正に泳ぐ宝石と言われるだけあってスッゲェ~っす。


錦鯉について知りたくなったため 書店にて『錦鯉問答』なる本を購入☆
そこには、様々な種類の錦鯉が沢山載っていてワクワクしながら眺めてました。
本に掲載されてる品種の鯉は、何処に行けば購入出来るのだろうと ネットサーフィンにて『金子養鯉場さん』にたどり着いた 初めて訪れる若造夫婦を相手にしてくれるのかな?なんて思ったり 不安でいっぱいだった
現地について、またしても!! 我等夫婦に稲妻の様な衝撃と共に ある魚が眼に入ってきた(*_*)

エッ!! えぇぇぇ~!!

なんじゃ? この巨大金魚は? 174cmの私の拳よりも遥かに大きく丸く
体型はカツ丼のドンブリを二つ合わせたかの様な感じで今まで目にしてた金魚とは
別物であった((((;゜Д゜)))

恐る恐る養鯉場を覗き込んだら 『いらっしゃい』と 気さくに金子さんの方から声をかけてもらい
錦鯉と謎の金魚の事について話をしていただいた。
話を聞くと『玉サバ』と言う種類の金魚であることがわかった!

錦鯉を見学に行ったのに 玉サバのボディーラインに惚れて→購入
あれれ?

この出来事で確実にわかった事がある☆

二人とも 同じ趣味がまた一つ増えたと言う事
錦鯉や金魚にしてもお互いが共感しあえる趣味である事

一人でニヤニヤしながら水槽を眺めてる私、
水槽を眺めてる私をニヤニヤしながら見てる嫁さん
一人だけの趣味だったら 恐らく 嫁さんは水槽を眺めてる私をにやけて笑って見ていないだろう(笑)

錦鯉に出会い 玉サバに出会う そこから 福ダルマとの出会いに繋がって行く

心 震える 出会いに感謝ですっ(^o^ゞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR